夏藤

DSCN1478 - コピー DSCN1480 - コピー

夏藤はその名と通り、夏の暑い時期に咲く事からついた名で、昔は里山や色々なところに自生していたが、近年では、見ることが少なくなっている植物です。

昔から、法華寺の華楽園の入り口に自生しており、今年は、この暑さにもかかわらず沢山の、蕾をつけており、クリーム色をした、藤の小さい花です、普通の野田藤の大きさよりかなり小さく、10㎝から15㎝程の房花を咲かせます。

投稿日 : 2018年7月25日